キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年05月07日

【勉強メモ】求職活動スキル

sponsored link

• ❑ 能力=知識+スキル
クライエントが経験した職務、成果をあげた仕事、充実感を持てた仕事、そしてそこで発揮した知識とスキル、身に着けた知識とスキルを集計すれば、活用できる能力の種類とレベルが明らかになる
▼ ❑ 採用担当者が転職希望者を見る場合
▼ ❑ 顕在化した能力
▼ ❑ 履歴書・職務経歴書
クライエントが自分自身をプレゼンテーションするツール
• ❑ 職務経歴の記述形式
1.年代式職歴記述
--職歴の短い人や転職歴の少ない人向き
2.逆年代式職歴記述
--最近の職務経験や能力を強調するのに適している
3.職能別(専門別)職歴記述
--それぞれの職務における経験と業績を強調した書き方で、転職歴の多い人や専門性の高い職歴を持った人に適した書き方
• ❑ 完成された職業人の姿
▼ ❑ 求職活動スキル
▼ ❑ 自己分析から応募書類作成まで

▼ ❑ 自己分析

• ❑ クライエントが独力で自分を客観的に評価することは困難。クライエントに、まず自分自身のことをよく理解した上で自分の適職を探す必要があることを説明し、支援する。
クライエントの興味、価値観、能力を明らかにしていく。
趣味・特技の整理、資格・免許の整理、長所と短所の確認、志向特性・行動特性の確認など。※頭で考えるだけでなく、他人にもわかりやすく伝えられるようにしておくことが大切
▼ ❑ 経験の整理

• ❑ どんなことをしているときに満足度が高かったか、どんな環境にいるときに高いモチベーションを保てたか、どんなことをどんな水準で達成してきたのかなどを振り返る作業を支援する
▼ ❑ 目標設定

• ❑ 自己分析により明らかになったクライエントの興味、価値観、能力と、クライエントが置かれている環境を考え合わせて目標を設定する。支援的アプローチと指示的アプローチのバランスを調整する
▼ ❑ 応募書類の作成

• ❑ 転職者の応募書類

• ❑ 応募書類を書く目的は「面接の機会を獲得すること」であることをクライエントに理解してもらう。
「何ができるか(できそうか)、何をしたいか」をアピール書類として作成する
• ❑ 学生の応募書類

• ❑ 添え状(カバーレター)
履歴書、職務経歴書に添付するもので、挨拶と自己PRを兼ねたビジネス文書
• ❑ 自己分析に続いて、クライエントが置かれている環境を分析し、クライエントの現状を客観的に把握する
経済的な状況、家庭の状況、人間関係・人脈、その他職業選択に影響する外部要因

▼ ❑ 採用担当者が学生を見る場合
▼ ❑ 職業社会で働く準備ができているか、意欲は十分か?
• ❑ エントリーシート
採用担当者が応募者全員と面接することは物理的に困難。エントリーシートは第一次の先行手段として登場。
• ❑ 潜在的職務遂行能力があるか?
• ❑ summed up by Amei :-)


Powered by ScribeFire.

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46065835

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。