キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年06月25日

スカウトサービスが人気。新しいスタイルの「求人サイト」

sponsored link

今注目の「スカウトサービス」についての記事。

ネットを徘徊しているとこのところよく出会うようになってきた「スカウト」の文字。
自分の「プロファイル」を登録し、企業からお声がかかる=スカウトされるのを待つという新しいスタイルの求人サイトである「スカウトサービス」ははやり増えてきているようす。
@IT自分戦略研究所とJOB@ITが行った読者調査では、「過去に使用」したことがある「転職の方法」として、22.7%の人が企業からスカウトを受けて転職したことがあるとし、44.7%の人が「次に希望」したい「転職の方法」だと答えている。
[スカウトサービス、企業が注目するポイントはここだ − @IT自分戦略研究所](http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/special/scout/scout01.html "")
ということでユーザからも指示を受けているサービスということになりそうです。
@ITプレミアスカウトのメインターゲットは20代後半から30代の経験者。
スカウトメールが多かった職種ランキングとしてはインターネット上のサービスということで、その活用にも積極的なシステム開発・SEなどIT業界の職種系ばかりが並んでいる。ヘッドハンティング的な方法による転職に慣れている業界というイメージもあるがどうでしょう?このスタイルが定着してくれば、いずれ他の業界や職種にも及んでくるのでしょうね。
その将来のビジョンも、漠然(ばくぜん)としたものではなく、「これまでの自分の経験」を踏まえて「これからやってみたいこと」につながっている、つまりいまの自分と将来の自分が一直線になっているとなおよい。しかし、注意点もあるという。「いまの自分と将来の自分がつながっているとよいのですが、例えば『将来は絶対ITコンサルタント以外の仕事はやりたくありません』といったように、あまりキャリアパスを限定してしまうと、声が掛にくくなってしまうようです」
[スカウトサービス、企業が注目するポイントはここだ − @IT自分戦略研究所](http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/special/scout/scout01.html "")

企業とのつながりを増やすためには、ほかにも情報量を増やす、つまり、自分自身のスキルや職務経歴といったのプロファイルを充実させることもまた重要だ。『効果的な職務経歴書の書き方教えます』を参考に自分の職務経歴をまとめてみるといいだろう。その際にもポイントがある。平岡氏は「携わったプロジェクトでの自分の役割や、その規模はもちろんですが、プロジェクトごとに使用したスキルやそこで身に付けたスキルを書くと、どういう状況でそのスキルを使っていたのかが相手に分かりやすいと思います」と話す。
[スカウトサービス、企業が注目するポイントはここだ − @IT自分戦略研究所](http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/special/scout/scout01.html "")

「自分のことを理解してもらう」ときに重要なことは、相手に理解をしてもらうための情報を提示することだ。自分に対する情報が少ない中で、自分を理解してもらおうと思ってもなかなか難しい。積極的に自分についての情報を相手に開示していくことが必要だ。
[スカウトサービス、企業が注目するポイントはここだ − @IT自分戦略研究所](http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/special/scout/scout01.html "")
これからの時代に必要となってくる自己PRの方法についての視点などについても考えさせられる注目の記事です。
posted by あめい at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。