キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年03月25日

読書|スローキャリア

sponsored link

スローキャリア
上昇志向が強くない人のための生き方論

著者:高橋俊介
出版社:PHP研究所
サイズ:単行本、ページ数:245p、発行年月:2004年08月

■キャリアカウンセラー講座の通学講座が終了した日、終了したことにあまりにも感動した私が帰りがけの本屋で衝動買いして、そのまま家に帰る途中によったレストランで読破した本。(といっても、おもしろくて読むのをやめられなくなったというわけではない。激しく激しく疲れているときに進むもう一歩が幸せへと着実に進む一歩になる」という誰ぞの言葉を思い出し、感動さめやらぬうちに読んじゃお♪っておもっただけ)。

■帯にかかれている「キャリアにはアップもダウンもありはしない。“幸せなキャリア”づくりがあるだけだ」って言葉はシビれますね。かっこいい。

■上昇志向の強い「ファーストキャリア」な人たちにとってみれば、スローキャリアなんてくだらないものだろうし、スローキャリアが自分にはあっているという人から見れば、ファーストキャリアな人生はばかばかしいものにうつるのかもしれない。

■その両方とも、それぞれが大切にしたいと願うライフスタイル・生き方であるということ。「ぇ〜!そんなんアリ?!」なんていう考え方を基盤にして生きている人もいるっていうこと。スローとファーストに分けて考えるにしても、そのどちらかがどちらかの生き方や考え方を侵害する権利の無いこと。そんなことを再確認。

■後日アマゾンで、文庫判があることを発見。くやしぃ。が、「家にかえって調べてみてから買おうっと」なんて言っていては巡り会えない本もあるんだよぉ。人も本も、出会うようにしか出会えないんだよぉ。と、なぐさめる。自分を。

(3月25日読了)

キャリアカウンセリングの書籍一覧


posted by あめい at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。