キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年06月16日

CDA1次試験のこと

sponsored link

CDA1次試験がおわって約1週間です。
わすれないうちに試験の感想をかいておかなければ。

★1次試験にむけてしたこと
  • 日本語で普通に手に入る範囲でキャリアカウンセリングの理論家の本をよんだ

  • テキストを読む。読む。読む。自分の声を録音。外出中にiPodで聞いたりしたが、全部を聞き直す時間はなかった

  • テキストをチェックペンでチェック。チェックシートをかぶせると消える!ってやつです。これもチェックしただけで、チェックシートをかぶせてチェックする時間はなかった。6冊にわたるテキストが憎い。

  • マンパワーが別口で用意しているweb答練をした。非常にやりにくい。機種依存文字つかいまくりだし、重たいし。一通りやってから、問題と正解と解説を全部コピーしてプリントアウトして勉強した。3回ぐらいやって、あとは間違えた問題をながめた



★1次試験にでた問題

全般的な感想としては、記述論述にびびっていたのだけど、それらは比較的簡単なお題だった。が、選択問題がむずかしかった。私の他にも「やたらに『4・どれでもない』が多かった!」という声があがっていたのだけど、正解のチェックもできないのでよくわからない.....。にしても4択問題に「どれでもない」が入ってるのはキツイです。しかも、こまかーいところまでよくテキストをこなしていないと答えられないような問題が多く、選択問題は思った以上に難易度が高かった。web答練レヴェルだとおもっていると痛い目に会う。実際わたしは痛い目にあった気がする。

■論述問題
シュロスバーグの転機について

■記述式問題
キャリアプランニングプロセス
ホランドの六角形。ホランドタイプを埋める

23回1次の合格発表は26日。
もしダメでも、24回があるぞ!w
posted by あめい at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。