キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年05月31日

サイボウズの育児休業6年」制度

sponsored link

「 ITエンジニアの働く環境を考える」第1回は「サイボウズの育児休業6年」制度を紹介しています。
サイボウズ、「育児休業6年」の真意は − @IT自分戦略研究所

ITドカタなんていう言葉もあり、過酷なイメージが定着した感のあるIT業界。
「妊娠が分かって仕事量の調整を申し出たが聞き入れてもらえず、徹夜続きで体を壊した」「臨月になっても引き継ぎ人員が着任せず、休ませてもらえない」など。椋田氏は、「受託をしていない、自分たちのペースでものづくりをしているメーカーだからこそできる制度かもしれない」としながら
「そういう人たちにもサイボウズに来てほしいですね。制度が整っている環境に行きたいと願っている人たちに魅力的なものを提供し、人材確保につなげていきたい」と語ります。

私の友人うちで1番長く育児休暇をとっているのがやはり6年。そこは1人あたり3年の育児休暇が保証されていて、2人産んだから6年ということだった。
サイボウズの6年育児休暇ですごいなとおもったのはここ。
「6年の範囲内であれば何回でも休業できるところも特徴の1つです。6年間まるまる休むことも可能ですが、より実生活に基づいた使い方として、例えば一度復帰したけれど、子どもが入院したのでちょっと休職するというようなことが何回でもできます」という。

復帰後には短時間勤務制度が利用できる。「週3回、10〜16時のように、正社員のまま短時間働くことができます。これが一番使いやすい部分だと思っています」。短時間勤務制度には期間の上限はない。週に何日出勤で1日何時間勤務なのか、給与が時給なのか月給なのかも、会社と本人が話し合って決めるというやり方だ。「育児休業から復帰後、子育ての都合に応じて勤務時間と曜日を選べるというのは大きなメリットになると考えています」


育児休暇と一言でいっても、「子どもが小さいうちはできるだけそばにいてあげたい」という思いがなによりもつよかったり、「子どもを預けてでもできる限りはやく職場に復帰したい」など、その考え方も人それぞれで他人がとやかく言う問題じゃない。とくに一人目の子どもの場合は要領もつかめず「どうしたらよいのか、どうすべきか、どうしたいのか」と悩む母親父親も多いはず。ライフスタイル、育児スタイルもきっと紆余曲折のうちに定まってくるものだろうから、やはり制度も柔軟であってなくては個人のスタイルは尊重されない。

景気が上向きだというのに、厳しい話しばかり聞かれるけれど、はたらく人たちの視点にたった制度は読んでいても元気がでますね。
posted by あめい at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43496475

この記事へのトラックバック

キャリアカウンセラー 募集 最新情報
Excerpt: サイボウズの育児休業6年」制度「 ITエンジニアの働く環境を考える」第1回は「サイボウズの育児休業6年」制度を紹介しています。 サイボウズ、「育児休業6年」の真意は − @IT自分..
Weblog: カウンセラーの星になれ!
Tracked: 2007-06-15 14:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。