キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年05月07日

【勉強メモ】キャリアプランニングプロセス

sponsored link

キャリアプランニングプロセス

▼ ❑ 意思決定の必要性の自覚
▼ ❑ 意思決定が必要な場面とCDAの役割
キャリアの幅
• ❑ 学校を卒業する人たちへ
・日本で今起こっている変化について取り上げている新聞記事などを提示して、そのことについてグループ討論をさせる
・就職して5〜10年の経験を持つ卒業生を読んで、具体的な仕事の内容について身近な経験を交えて説明してもらう
・企業の経営者をよんで、職場で起こりつつある変化及びどのような人材を求めているのかについて話してもらう
• ❑ 早期退職や離職を余儀なくされている人へ
・シュロスバーグの転機の捉え方など、転機を乗り越えるための手法を理解させる
・エリスの倫理療法など、クライエントに非倫理的な考え方を納得させる
• ❑ 現状への強い不満を持つ人などへ
今の会社を辞めて別の会社を探すことは「悪い」選択ではないと認識させる必要がある
• ❑ 意思決定に対する抵抗
計画型・苦悩型・衝動型・直感型・従順型・運命論型・延期型・無力型
▼ ❑ 自己の再評価
▼ ❑ 1.自分が好きなこと<興味>
2.スキルを持っていること<能力>
3.重要だと信じていること<価値観>
4.これまでの職業経験<経験>
• ❑ 自己概念を明確にする
1.質問する、経歴について聞く
2.CPS-Jなどアセスメントを使用する

経歴を記録する
<ヒストリーテーキング>

▼ ❑ 仕事の特性
▼ ❑ 職業リストの作成
<米>DOT,OOH
CDAオリジナルの情報、新聞広告の求人欄、企業の人事部からヒヤリング、ホランドの6つのタイプ/キャリアクラスターなどから、オリジナルのリストを作成
• ❑ クライエントが興味や能力と結びついた職業選択肢を2つ以上見つける

▼ ❑ 選択肢に関する情報収集
▼ ❑ 人材ニーズ調査/職業観連情報を提供するウェブサイトの利用/情報収集面接(インフォメーション・インタビュー)/様々な資料やインターネットによる情報収集
• ❑ 職業調査ワークシート

▼ ❑ 仮決定
▼ ❑ 選択が難しい場合など
職業選択に重要と思われる項目の中からクライエントが重要だと思うものを5つ選び、選択肢について点数をつけ、各職業または職務ごとに合計点を出す
• ❑ 行動計画を作成する


▼ ❑ 教育・訓練
• ❑ 大学院に進んだり、就職したりするための準備として最も適した専攻科目を選ぶということ
• ❑ 必要であれば、再訓練を受けたり、現在のスキルの向上をはかる

▼ ❑ 就職・異動
• ❑ 就職活動スキル
・就職口のみつけ方
・よい応募書類の書き方
・上手な面接の受け方
• ❑ サポートグループをつくる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。