キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年05月07日

「脳の特殊な部分の疲れ」が原因。ITエンジニアの「うつ」

sponsored link

ITエンジニアのうつ発生率はなんと一般人の3〜3倍だそう。
厳しい労働環境からくる長時間の作業などにくわえ、ITエンジニアという仕事の持つ特性からくるものもあるようです。

「人類にとって初めての職業であるだけに病気も起こりやすいし、うつの性質も全然違う。普通の抗うつ剤も効きにくい。特別な頭の疲れを癒すという効能がないからだと思います」
[ITエンジニアを襲う「新しいうつ」の正体とは? − @IT自分戦略研究所](http://jibun.atmarkit.co.jp/llife01/special/utu/utu01.html "")


これからも人類は、今までになかった仕事をたくさん経験してゆくのでしょうが、「大きな変化」は能の使い方にも影響を及ぼしているというのは理解できる気がします。

2ページ目にはITエンジニアなどの「脳のつかれ」を背負いがちな人たちのためへの対処法がかかれていますので要チェック(サプリメント、ストレッチなど)。
そして締めくくりの部分でかかれている「ポジティブメンタルヘルスの考え方をライフスタイルに採用すべきだ」というアドバイスも非常に興味深いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41084249

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。