キャリアデザイン×IT:キャリアカウンセリングを学ぶ

2007年04月18日

【勉強メモ】キャリアカウンセリング理論の実践

sponsored link

CDAの支援

▼ ❑ 支援関係を築く条件
▼ ❑ 支援関係の特徴
• ❑ 時間
• ❑ 共同関係の合意
• ❑ 目標に対する合意
• ❑ ラポール:信頼関係・協働関係によって構築されたCDAとクライエントとの間に親しい感情が通い合う状態
• ❑ 敬意・尊重
• ❑ 共感
• ❑ 信頼
• ❑ 誠実さ
• ❑ 受容

▼ ❑ CDAのキャリア支援
• ❑ 特性因子理論
• ❑ 職業的発達理論
• ❑ 期間:短期間
• ❑ 目的:明確に特定されたニーズや裳代を扱い、解決する
• ❑ 内容:明確な短期的目標に照準を定める
▼ ❑ 支援関係の技法
▼ ❑ かかわり技法
▼ ❑ 注意を払う
Attending
• ❑ 支線を合わせる・うなづき・身振り・声の調子・表情・(座り方)
▼ ❑ 傾聴
Listening
• ❑ 傾聴のPOINT
・内容と感情の両方に反応 ・非言語的行動を観察
・問題の類似性や評価、心配事によってクライエントから注意がそれないようにする
• ❑ 受容
• ❑ 要約
• ❑ さぐり
• ❑ 反射
• ❑ 質問
• ❑ 提案
▼ ❑ 積極技法
• ❑ 情報提供
Giving information
• ❑ 自己開示
Self-
disclosure
• ❑ 対決
Confrontation
▼ ❑ 支援の形態
▼ ❑ 1対1
▼ ❑ クライエントとの間の相互コミュニケーションを通して支援する
• ❑ 面談
▼ ❑ グループ指導
▼ ❑ 特定のテーマについて複数のクライエントに同時に教える
• ❑ アセスメントの実施と解説
キャリアに関する情報収集と活用方法
各種スキルの指導
• ❑ グループ
ダイナミクス
(集団力学)
▼ ❑ グループ・ファシリテーション
▼ ❑ CDAは促進者としてグループを援助し、学習内容は参加メンバーによって構成されている。6〜15人が最も効果が高い
• ❑ ジョブクラブ
▼ ❑ セラピー・臨床的カウンセリング
• ❑ 論理療法の理論
• ❑ 目的:個人の人格の変容、行動の大きな変化、又は感情の変化
• ❑ カウンセラーのレベル:大学院レベルの専門教育、かつ高度な訓練
• ❑ ロジャーズの理論
• ❑ 学習理論

【勉強メモ】キャリアカウンセリングに関する主要な理論/キーワードをまとめて

sponsored link

キャリアカウンセリングに関する主要な理論

▼ ❑ ドナルド・E・スーパー
▼ ❑ ライフステージ
• ❑ 成長期/探索期/確立期/維持期/下降期
• ❑ 職業的成熟
▼ ❑ キャリア決定のアーチ
• ❑ キャリアとは内的な個人特性と外的な社会特性に支えられている
▼ ❑ 職業的自己概念
▼ ❑ 自己概念
▼ ❑ 妥当な映像
• ❑ 現実吟味
• ❑ 自己認知
• ❑ 自己認知
• ❑ 自己認知
• ❑ 否定的
自己概念
• ❑ 肯定的
自己概念
▼ ❑ ライフロール
• ❑ 娘・息子/学生/職業人/配偶者/ホームメーカー/親/余暇を楽しむ人/市民
▼ ❑ WIS=
Work Importance Study
仕事の重要性研究
• ❑ 14の労働価値
能力の活用/達成/美的追求/他愛性/自立性/創造性/経済的報酬/ライフスタイル/身体的活動/社会的評価/危険性/社会的交流性/多様性/環境
• ❑ 「個人は職業選択を通じて自分の『職業的自己概念』を実現しようとする」
▼ ❑ ナンシー・K・シュロスバーグ
▼ ❑ 転機
• ❑ イベント
▼ ❑ 影響度
• ❑ 転機・転機を体験する本人・支援システム
▼ ❑ 評価
• ❑ 転機の深刻さ・転機のタイミング・転機に対するコントロール・転機の持続性
• ❑ ノンイベント
▼ ❑ 対処法
▼ ❑ リソースを点検
• ❑ 変化を
受け止める
• ❑ 4S(situation/self/supports/strategies)
▼ ❑ ジョン・D・クルンボルツ
▼ ❑ 職業選択とキャリアデベロップメントに影響を与えるもの
• ❑ 先天的な資質
• ❑ 環境条件や出来事
▼ ❑ 学習経験
• ❑
道具的学習経験
• ❑
連合的学習経験
▼ ❑ 課題へのアプローチスキル(意思決定スキル)7steps
• ❑ ハメル
▼ ❑ プランドハプンスタンスセオリー
• ❑ 5つのスキル
好奇心/持続性/柔軟性/楽観性/冒険心
• ❑ ミッチェル
• ❑ レヴィン
▼ ❑ L・サニー・ハンセン
▼ ❑ 人生の
4つの役割
• ❑ 労働・愛・学習・余暇
▼ ❑ 統合的人生計画
• ❑ キルト
1.グローバルな視点から仕事を探す
2.自分の人生を有意義な全体として織り上げる
3.家族と仕事を結びつける
4.多様性と包括性を重んじる
5.内面的な意義や人生の目的を探る
6.個人の転機と組織の変革に対処する
▼ ❑ ジョン・L・ホランド
▼ ❑ 6つのホランドコード
▼ ❑ スリーレターコード
• ❑ CDAがクライエントとの面談のなかでコードをつける
• ❑ 現実的/研究的/芸術的/社会的/企業的/慣習的
• ❑ CDAが説明してクライアントに判断してもらう
• ❑ CPS-J
(Career Planning Survey-Japanese)
▼ ❑ DOT
• ❑ ゴットフレンドソン
▼ ❑ ホランドの6角形
RIASEC
• ❑ 分化
▼ ❑ 未分化
• ❑ ハイフラット
• ❑ ローフラット
▼ ❑ ワールドオブワークマップ
▼ ❑ ワークタスク
• ❑ 人/物/アイデア/データ
▼ ❑ キャリアクラスター
▼ ❑ ジョブファミリー
• ❑ プレディガー
• ❑ ACT社
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。